officeのプロダクトキーはすでにアカウントに紐付けされていますが、macでインストールする時はアクティブにできません。どうすればいいですか。

インストール後にofficeが認証しない場合Office for Mac を試してみてください

問題:皆さんはこのような状況に遭遇したことがありますが、新しく購入したマイクロソフトのアカウントにバンドルされ、アカウントの中でインストールをクリックして、このインストールファイルをインストールしましたが、認証をアクティブ化するときにライセンスが見つからないと言います。

この問題は、アカウントが複数のライセンスを持っている場合や、office 2019と連携してmicrosoft365を購入している場合に発生します。

このような場合は、あなただけでなく、購入したプロダクトキーに問題があるわけでもないので、焦らないでください。

以下の問題を排除し、対応して解決してください。

解決策:

  1. このパソコンを認証する前に、他のシステムやパソコンにインストールしたことがあるかどうか。
  2. 現在アクティブ化されているサインインしているmicrosoftアカウントが、プロダクトキーが関連付けられているmicrosoftアカウントと同じものであることを確認します。

これらの問題がないことが確認できたら、次の操作を試してみてください。

  1. インストールしようとしているmac上のネットワークが正常に動作していることを確認してください。
  2. パソコン上に現在あるofficeをアンインストールする。
  3. ライセンス削除ツールをダウンロードして実行し、クリックするとダウンロードできます。
  4. Macの「ダウンロード」フォルダにある.pkgファイルを開きます。
  5. 「続行」をクリックし、インストールウィザードの指示に従います。
  6. ライセンス削除を実行する準備ができたら、「インストール」を選択します。Macのローカル管理者アカウントのパスワードを入力する必要があるかもしれません。

このツールでライセンスが削除されたら、「閉じる」を選択します。

  1. そしてまた開く:https://account.microsoft.com/services/(プロダクトキーが関連付けられているmicrosoftアカウントにサインインします)
  2. 「インストール」をクリックしてダウンロードします。
  3. インストールが完了したら、Officeアプリケーションを開いてログインし、Office for Macライセンスに関連付けられたmicrosoftアカウントでアクティベートします。
  4. ライセンス取り外しツールを使ってゴミ箱にドラッグして削除することができます。

提供されているリンクはすべてマイクロソフト公式サイトのツールですので、安心してダウンロードしてお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です