Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法

Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で) 入手する方法

どこにあるかを知っていれば、無料または安い価格でMicrosoft Officeを手に入れることができます。それは幸運です!

Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-1

多くの無料の代替案が利用可能であるにもかかわらず、多くの人にとっては、Microsoft Officeの使い慣れた快適な働き方ほど適しているものはありません。Wordの優れたスペルチェックと文法チェックから、簡単で安全にオンラインではなくローカルPCにファイルを保存するという安心感まで。

無料、格安、または任意の価格でOfficeを得ることができる前に、Officeを使用する际にしはらいう2つの异なる方法があることを知っておくべきです。Microsoft 365(旧Office 365)では、継続の更新にすることができますが、月度または年間のサブスクリプションが必要です。「Office 2019」は固定パケですが、一度支払金を支払する必要があります。もちろん、マイクロソフトが絡み合っにさせていたいのは、サブスクリプションベースのMicrosoft 365サービスです。

「Office 2019」パッケージは、「Microsoft 365」とは若干異なります。最も重要なのは、Microsoftに加えて、オフィス(Microsoft 365サブスクリプションとOffice 2019キー)を無料で販売しているか、Microsoftよりも安価な会社もあります。Officeアプリを無料でオンラインで実行することもできます。生産性を高める最良かつ最も安価な方法は何でしょうか?

無料のOfficeから4万円近くの料金やサブスクリプションを支払うまで、Officeのサブスクリプションを得るための最も安価で最良の方法があります(サブスクリプションではなく、永久使用のバージョンを使用する傾向があります)。

Office 2019 vs Office Online vs Microsoft 365
Microsoftから購入するOffice home and Business 2019 サードパーティから購入するOffice home and Business 2019プロダクトキー Microsoftから購入するOffice Professional Plus 2019 Microsoft Office Online Microsoft 365 Personal Microsoft 365 Education
価格 Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-2¥38,284 Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-2¥13,800 Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-3¥11,800 ¥0 ¥12,984 /年 ¥0
搭載アプリケーション Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-4Word
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-5Excel
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-6PowerPoint
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-7OneNote
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-8Outlook Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-9Outlook Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-10Outlook Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-11Outlook
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-12Publisher Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-13Publisher Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-14Publisher
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-15Access Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-16Access Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-17Access
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-18Lync
Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-19InfoPath
クラウド ストレージ X X X OneDrive,Skype, Flow, Forms, Sway OneDrive, Skype OneDrive, Teams, SharePoint, Sway, Forms, Stream, Flow, PowerApps, School Data Sync, Yammer
OS 1 PC or Mac 1 PC or Mac 1 PC 無制限 無制限: PCs/Macs, tablets, phones 無制限: PCs/Macs, tablets, phones
無料トライアル X X X X X X

マイクロソフトから購入Office 2019をダウンロードする:3万8000

以前は「Office 365」と呼ばれていた「Microsoft 365」に重点を移したにもかかわらず、Microsoftは「Office home & Business 2019」を一時料金38,284円で販売しています。これにはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookなどが含まれますが、Microsoft 365にはいくつかの解決策がありません。これらの失われた解決策は、Publisher(PCのみ)、Access(PCのみ)、OneDriveおよびSkypeクラウドサービスなど、お客様とは無関係である場合があります。

一部のOfficeスイートを個別に購入することもできますが、Word2019の価格が16,284円(税込)であることを考慮すると、さらに1つのOfficeアプリを使用する場合は、Office 2019 全体を購入するのがよいでしょう 。

どこでOffice 2019を入手しても、Microsoft 365のように毎月機能が更新されることはありません。これは、追加された新しい機能が表示されることを意味します。あなたが買ったものはあなたが得たものです。ただし、Microsoftのプロダクトマーケティング担当ディレクターであるDaniel Vargas氏によると、Office 2019の永久版を使用している場合は、「必要に応じて」セキュリティパッチの更新を受けることができます。

Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-20

定期的に機能を更新しているOfficeソフトは、あなたにとってはあまり役に立たないかもしれません。古いバージョンのOfficeを使っても問題ないと思うかもしれません。毎日の文章や統計に満足していればいいのです。

たとえば、Office 2016の場合、サードパーティのベンダー から、Office 2019よりも安いプロダクトキーを見つけることができます。しかし、Office 2016は永久に使用可能ですが、Microsoftはセキュリティ更新プログラムを停止しています。これは、Microsoftがセキュリティ更新プログラムを提供していないことを意味します。Office 2016のバージョンを選択することができる場合は、この記事の執筆時点でteam21.jpから約6800円で購入することができます。ただし、カスタマーサポートが不足しているかもしれません(詳細は後述します)。

「Office 2019」を使用するには、Windows 10またはapple Mac OS X 10.13.0以上が必要です。幸いなことに、私たちはすでにWindows 10を無料または安価で入手する方法を詳しく説明してきました。 こちらをクリックしてご覧ください。

「Office 2019」が1位なら、サードパーティの小売店から購入することができます。Microsoftが請求する2万円以上よりもはるかに安いです。

サードパーティからの「office 2019プロダクトキー」のダウンロードは1万4000円以下

Microsoft Office Home & Business 2019は3万8284円でダウンロードできますが、別の店舗から購入する場合は1万4000円で大幅に節約できます。

ロッテ(Lotte)は、同じOffice 2019のダウンロード用プロダクトキーを3.6円で販売していることがあるので、試してみる価値があります。カードバージョンのプロダクトキーが欲しい人は、Amazonのプロダクトキーカードの価格は34,443円だが、Team21.jpの価格は、多くの消費者の心の中にある価格で、わずか1万4000円である。

どのように無料でMicrosoft Officeのオンラインとモバイルアプリケーションを取得しますか。

Microsoft Office2019を無料で(または最も安い価格で)入手する方法-21

その名の通り、Microsoft Office Onlineをパソコンにインストールすることはできません。 代わりに、インターネット接続を介してのみこれらのサービスにアクセスできます。 Microsoftアカウントも必要です。 Microsoftアカウントでログインすると、Office Onlineにアクセスできます。 完了したら、無料のOfficeツールを使用できます。

このサービスはG Suiteには適していますが、デメリットはファイルがネットワークに支配されてしまうことです。メリットはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、OneDrive、Skype、Flow、Forms、Swayなどを無料で利用できることです。 また、すべてのコンテンツがインターネットに基づいているため、ネットワークに接続されたどのコンピュータからでもアクセスできます。

11月現在、MicrosoftはAndroidとIOSのスマートフォンで、Word、Excel、PowerPointを1つのモバイルアプリケーションに統合している。同アプリは,Google playストアとApple App Storeで利用できる。

Free Office Onlineは、Microsoft 365が提供するものよりも機能が制限されているため、最大または最も複雑なプロジェクトには適していません。メニューの選択肢が少ないのです例えば、オンラインWordには「描画」や「デザイン」といったタブがない。

無料のOffice Onlineは5GBのOneDriveストレージを搭載していますが、Google Driveが15GBの無料ストレージを提供していることに比べれば、実は大したことではありません。

同様に、無料のIOSでは、画面サイズが10.1インチ(iPhoneからiPadまでは異なる)より小さいバージョンとAndroid(Word、Excel、PowerPoint、OneDrive、Outlook、OneNote、SharePoint)バージョンのOfficeソフトがあります。これらのバージョンは無料ですが、機能はほとんどありません。

無料で使えるOffice:学生教師向けのMicrosoft 365教育

あなたが学生または先生で、あなたの学校が条件を満たしている場合は、実際にはMicrosoft 365のサブスクリプションを無料で利用できます。サブスクリプションには、SharePoint、Sway、Forms、Stream、Flow、PowerApps、School Data Sync、Yammerなどが含まれており、これらは通常のOffice 365サブスクリプションには含まれていません。しかし、Outlook、Publisher、Accessを見逃しています。

無料のMicrosoft 365教育を受ける資格があるかどうかは、Microsoftのウェブサイト をご覧ください。

まとめ

Microsoft Officeは今や今や生産性の主役です。

ソフトウェアの毎月の更新を必要としない伝統的な購入方法でMicrosoftからOffice 2019を購入する場合は、Office 2019を継続して購入する必要があります。また、正規のキーをキーディーラーから購入することもできます。価格は1万4000円程度で、Microsoftの価格より2万円安くなります。

大きなプロジェクトではなく、基本的な文書やスプレッドシート、プレゼンテーションなどを作成している場合は、無料のOffice Onlineやモバイルアプリを使って作業を回避することができます。インターネットに接続していることを確認してください。

しかし重量生産性に関しては、世界はサブスクリプションベースのソフトウェアに向かっています。Microsoft 365は、Office 2019よりも多くの製品を提供し、毎月の更新、複数のデバイス間で共有する機能、1TBの無料クラウドストレージを搭載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です