Microsoft Office 2021が近く発売され、クラウドサービスに加入しなくても利用できるようになります。期待していますか?

Microsoft Office 2021が近く発売され、クラウドサービスに加入しなくても利用できるようになります。期待していますか?

Office 2021とLTCは今年、Microsoft 365を使用する準備ができていないユーザーのニーズを満たすために、新たな機能と改善を発表します。

マイクロソフトは、Microsoft 365の体験を注文していないユーザーに、「Office 2021」と「Office LTC」(長期サービスチャンネル)の2つの新しいバージョンをリリースする予定です。

以前のバージョンと同様に、この新しいバージョンは購読に基づく製品提供の機能の一部のみを含みます。 Microsoft社によると、最新バージョンのOfficeには新しいダークモードのサポート、補助机能の改善、Word、Excel、PowerPoint、Outlookのパフォーマンス改善、excel動的配列とXLOOKUP for Excelなどの新机能が付属する。

同様に、今回はOffice 2021がSkype for Businessアプリケーションをインストールせずに、マイクロソフトTemsアプリケーションをインストールします。

Microsoft Office 2021が近く発売され、クラウドサービスに加入しなくても利用できるようになります。期待していますか?-1

Office 2021とLTCは大きくアップグレードされません。

マイクロソフトはこのバージョンのすべての変化を明らかにしていませんでしたが。しかし、それは以前のバージョンの大きなアップグレードではなく、多くの視覚的な変化も含まれません。 同社はマイクロソフト365購読で革新、高級安全、インテリジェント機能を提供することに専念しているからだ。

マイクロソフトがスタンドアロン版Officeを提供し続ける唯一の理由は、特定のシナリオのためにクラウドベースの製品に移行する準備ができていない組織と顧客です。

例えば、アプリを数ヶ月間オフラインで実行する必要がある場合。コンピュータが組織のポリシーを守る必要があり、毎年アップグレードできない場合。このコンピュータはインターネットに接続されていない生産現場のコンピュータである。あるいは、製品を購入した後の感覚が好きなのかもしれません。

製品のライセンス

Office LTCはデバイスベースの「永久」ライセンスとして提供され続ける。microsoft社は,今後も後続バージョンをリリースすることを確認している。

Office 2021は、「Office 2021個人版」と「Office 2021小型企業版」の2つのバージョンがあり、従来の一括購入モデルでは5年間のサポートが可能です。 またマイクロソフトは価格を上げるつもりはないので、Office Personal 2021とOffice Home & Business 2021、Office Personal 2019とOffice Home & Business 2019はそれぞれ32,784円(税込)、38,284円(税込)で同じ価格になる。

リリース日とサポート

正式なリリース日は不明ですが、Officeの新バージョンは2021年にWindows 10とmacOSでリリースされると予想されています。 office2021は32ビット・システムと64ビット・システムに引き続き対応し,OneNoteアプリケーションが付属する。office 2021のリリース時期はまだはっきりしていませんので、officeを更新したい人は、microsoft 365のサブスクリプション版を利用するか、office 2019の永久版を購入することを検討してください。 officeの新しい機能を全く使う必要がないなら、以前発表したoffice 2013またはoffice 2016版を買うこともできます。

Office 2013 Professional Plus Office 2016

Professional Plus

Office 2016 Home and Business for Mac Office 2019

Professional Plus

Office 2019 Home and Business
3,180 6,800 10,800 11,800 13,800
もっと見る もっと見る もっと見る もっと見る もっと見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です