Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法

Microsoft Accessとは?

Microsoft Accessは、関連データベースを管理するシステムソフトです。1990年11月にリリースされたMicrosoft Officeは、もう30年の歴史を持っています。このソフトは、プロ方式でデータを獲得、管理そして報告する個人や中小企業に向いてます。Microsoft Officeアプリセットの一員で、関連Microsoft Jetデータベースのエンジンと図形ユーザーインタフェース及びソフト開発ツールを1つに融合した産物です。プロジェクトデータを高級方式で報告しなければならないプロデータ管理者にとってベストなチョイスです。Microsoft Accessなら、複雑なプログラミングが不要なので、一般人でもMicrosoft Accessを利用して高級方式で色んな機能を持つデータベースを作成することが可能です。

Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-1

Microsoft Accessのメリットは?

インストールと使用が簡単:Accessでは、数分間以内にデータマネージャーに万全な機能を持つ関連データベース管理システムを用意できます。Microsoftの色んなアプリと同じ、Accessでも案内機能があり、各ステップの操作を案内してくれます。インタフェース画面が分かりやすく、より効率的にデータを検索できます。統合しやすい:Accessは、Windowsに基づいて開発した色んなソフトと優秀な互換性を持っています。そしてバックエンドデータベースとしてフロントエンドに使うことが可能です。今、Microsoft Accessはまさに世界で最も流行っているデスクトップデータベースのシステムです。安上がり: Microsoft Accessは他の大型システムと比べると、数百ドルー安いです。そして同じ機能と使い方を提供してくれます。データ保存が便利:Microsoft Accessデータベースが最大2 GBのデータを保存できます。複数ユーザー対応:ネットを通じて約10名のユーザーがAccessを利用できます。データ導入が便利:Microsoft Accessのデータ導入が比較的に便利です。

Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-2

Microsoft Accessのデメリットは?

Microsoft Accessは単独セクタまたは中小企業に対しては適切ですが、使用データが2 GBを超えるセクタに対しては、制限が発生します。例えば、1つのデータベースの全情報は、1つのファイルに保存される場合、選択できるオプションとデータの利用方式が限られます;そして報告、検索及びシートの読込速度が遅くなります。ユーザーの拡張データのサイズ次第、プログラム全体が重くなる可能性があります。とくにマルチメディアデータ、すぐにMS Accessの容量を消費する恐れがあります。スタティックファイルの対応が悪い:スタティックファイルの発布が非常に困難です。複数ユーザーの制限:技術上、同時ユーザーの最大許容人数が255人ですが、実際の人数制限は10人から80人までです(アプリの類型による)。

Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-3

Microsoft Access各サイトの価格対比

対応OS 小売商価格 マイクロソフトオフィシャル定価
access 2016 Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-4¥5,300 /
access 2019 Windows 10 Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-5¥5,800 Microsoft Accessのメリットとデメリットは?安い値段でaccessを購入する方法-6¥16,284

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です