[数分でわかる】Microsoft 365(旧office365)の総合ガイド

20210826-26

Microsoft 365(旧office365)とは

Microsoft 365(旧Office 365)」という言葉を聞いたことがありますか? では、それが何であるか知っていますか?

クラウド時代の到来とともに、Officeもクラウドに参入し、Office365は2011年6月28日に正式に誕生しました。

それ以来、Officeは純粋なローカルオフィスソフトウェアではなくなりましたが、編集と作成、電子メールソーシャル、ネットワークコンテンツ管理、会話音声、レポート分析、事業計画と管理などをカバーするサブスクリプションスタイルのクロスプラットフォームオフィスサービスになりました。 。巨大なサービスシステムであり、すべてがクラウドプラットフォームに基づいており、さまざまなオンラインサービスが絶えず更新されるクラウドサービスネットワークに統合されています。

同時に、Office 365は単体のOfficeとは販売方法が異なり、一括払いではなく、月単位や年単位で購入できるサブスクリプション方式で販売されているため、自由度が高く、純正Officeの普及を大きく促進しています。

Office 365のもう一つの大きな特徴は、企業のお客様へのサービスに重点を置いていることで、Exchangeメール、SharePoint Online、Lync Onlineなどの様々な思いやりのあるサービスを提供し、Small Business Premium、Medium Business Premium、Pro Plusなどの異なるエディションを用意し、柔軟に選択できるようになっています。

永久ライセンスバージョンとOffice365サブスクリプションバージョンの比較

今日の社会では、コンピューターに欠かせないものの1つは、WordやExcelなどのデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)です。

永久ライセンス版

追加費用なしで永続的に使用できるライセンス購入の形態です。
例えば、最新版の「Office Home & Business 2019」(パッケージ内容:Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、Microsoft Outlook)などです。

ただし、永久ライセンスにはサポート期間があります。つまり、サポート終了後のサービス利用には、セキュリティ上の問題や利用上の問題などのリスクがありますが、これらの問題を無視すれば、引き続きご利用いただけます。

 

Office365サブスクリプションバージョン

一方、Microsoft 365は、最新のデスクトップアプリケーションに加えて、オンラインストレージとさまざまなサービスをセットで使用できるサービスです。
例えば、Microsoft 365アプリケーションは、月額900円でご利用いただけます。 約3年使用すると、購入時とほぼ同じ金額になります。

買い切り型とは異なり、「非永久的なライセンス」であるため、「契約期間中のみ」使用可能なサブスクリプション型となります。

毎年コストが発生しますが、サポート期間を気にすることなく、常に最新のバージョンを利用することができます。 また、一括購入時に必要な初期投資や、バージョンアップ時に必要な運用コストを削減することができます。

20210826-29

Office2019とMicrosoft365の詳細については、次の記事を確認してください。

Microsoft Office 2019とMicrosoft Office 365の価格の比較

Microsoft Office Home & Business 2019とは?を安価で購入する方法

Microsoft365の利点

オフィスを4年以上継続して長期間使用する場合は、コスト面での利点を簡単に比較して、オフィス2019を購入する方が間違いなく費用効果が高くなります。

ただし、含まれているオフィスコンポーネントと使用されているコンピューターの数によると、Microsoft365を購入する方が有利なようです。

 

20210826-30

理由1 ストレージなどの用途にも使える

一番わかりやすいのは、オンラインストレージや各種サービスを利用料の範囲内で利用できることです。

Access、Publisher、OneDriveおよびWord、Excel、PowerPoint、Outlookは、Microsoft 365アプリケーションの利用料に含まれており、月額900円です。
この全てを使う必要はありませんが(確かに使う価値はありますが)、例えばOneDriveはオンラインストアですが、利用料金に1TBが含まれています。機能はDropboxとほぼ同じなので、Dropboxの有料版を使っている方は、これだけでもお得です。 標準で搭載されているAccessをお使いの方におすすめです。

理由2多くのデバイスをインストールできます

1つのライセンスで、Microsoft365はWindowsPCだけでなく、最大5台のMac、タブレット、およびスマートフォンを同時に使用できます。作業効率を大幅に向上させます。たとえば、会社で作成したファイルをOneDriveに保存し、いつでもどこでもタブレットで確認および編集できます。

理由3いつでも最新バージョンのofficeを使用できます

Office365は常に最新のバージョンで提供されているので、いつでも快適で効率的な仕事ができます。 バージョンの関係でファイルが開けない、編集できないということはありません。

理由4 初期投資の阻害要因

例えば、パソコンを購入して、アップデートの際に何十台ものパソコンと入れ替えるとなると、初期費用がかさみます。 Microsoft 365は月払いなので、本当の意味での分割払いのイメージで初期費用を抑え、キャッシュフローを安定させることができます。

Microsoft 365 Business Standard vs Microsoft 365 apps

Microsoft365の最も単純なバージョンはMicrosoft365 Appsですが、実際、365を使用する人は誰でも、Microsoft 365 BusinessStandardの方がはるかに費用効果が高いとよく言います。

1ユーザーあたり月額1,360円かかりますが、かなり参考になります。 1ユーザーあたり月額900円で済む「Microsoft 365 Apps」と比較すると、やや割高感がありますが、ビジネススタンダード版は「Microsoft 365 Apps」と比較してはいけません。 Microsoft 365 Business Standardは、他のクラウドサービスに比べてはるかに安価であることが理解されています。

20210826-31

Microsoft 365アプリと比較して、Microsoft 365 BusinessStandardには次の機能があります

チームワークとコミュニケーション

最大 300 人のオンライン会議やビデオ通話を Microsoft Teams で開催できます

Microsoft Teams を使用して、デスクトップからでも、外出先からでもチームのメンバーとチャットができます

チームのチャット、会議、ファイル、アプリを Microsoft Teams でまとめて管理できるので、1 つの場所から簡単にアクセスして共同作業することができます

情報、コンテンツ、ファイルを共有するためのチーム サイトを、SharePoint を使用してイントラネット全体にわたって作成できます

ウェビナーの開催 (出席者登録ページ、メール確認、レポートも利用できます)

メールと予定表

メールのホスティングと 50 GB のメールボックス

独自のカスタム ドメイン名 (yourname@yourcompany.com) を使用できます

Exchange で法人メールをモバイル デバイス、タブレット、デスクトップ、Web で利用できます

予定表の管理、会議が可能な時間の共有、会議のスケジューリング、アラームの受信ができます

共有の予定表を使用して、簡単に会議をスケジューリングし、招待に応じることができます

新規ユーザーのメールの設定、削除されたアカウントの復元、カスタム スクリプトの作成などを、どこからでも行うことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です