2021年の最新統計:Excel 2019とExcel 365、あなたはどれを選びますか。

2021年の最新統計:Excel 2019とExcel 365、あなたはどれを選びますか。-1

MicrosoftによるExcelのアクセス方法といえば、独立のソフト(最新アップデートMicrosoft Office 2019)を使用、あるいはサブスクライブサービス(Microsoft Office 365)を利用することです。これでExcel 2019を購入したら、永久ライセンスをもらうことになります(あるいはいっぺんに複数のライセンスを購入)。このソフトは1台のデバイスにしか使えません、そしてほとんど更新されません。Excel 365はサブスクライブサービスの一部で、月額または年額料金を支払う必要がありますが、代わりに複数のデバイスで(数量制限あり)でソフトを使えます、そして定期的に更新できます。

Excel 2019とExcel 365の違いは?

2018年まで、機能上の違いは極めて少ないです。Excel 2019に、ファネルチャート、2D地図、新関数及びExcelからPower BIに発布などの優秀な機能が追加されたとは言え、Excel 365と比べたらそんなに変わりません。

しかし時間の経過とともに、両者の違いが出てくるでしょう。なぜならExcel 365が定期的な更新されますから。

現在、Excel 365にはExcel 2019のない機能があります(リアルタイムのクラウドシステムのお陰で、複数のユーザーが同時に同一ファイルを利用できます)。データをグラフに転換して、そして自動的にデータをフォーマット化などができます。このような機能があるExcel 365では、チームワーク重視の共同作業ユーザーにとっては魅力的でしょう。

素晴らしい機能の数々:

カスタマイズの視覚効果(ワードクラウド、オドメーターなど)

全面的なSVG図形サポート

ビュー機能と3Dモデル

カスタマイズ機能

新関数と新機能

地図とファンネルチャート

リストのリンク

上記機能はExcel 2019でもexcel365でも使えます。そしてExcel 365ユーザーが定期的に新機能を獲得できます。Microsoftの目的については、Excel2019のサポート期間を短縮して(以前の10年間から2019年以降の7年間に短縮)、そして更新頻度を減らすことで、ユーザーをOffice 365のようなサブスクライブして利用する形式へ誘導したいと考えられます。

それも道理にかないます。Office 2019のような独立なソフトでは、時間の経過とともに、発売から間もなく時代遅れになります。Office 365では、定期的な更新で、常にユーザーに最新の機能を提供できます。これで以前のように新しいバージョンを数年間待たなければならないことがなくなります。

もちろん、大半のユーザーにとって、officeの更新はそんなに必要ではないかもしれません。マイクロソフトがoffice 2010のセキュリティ更新を終了した今でも、office 2010を利用するユーザーが沢山存在します。こんなユーザーにとって、officeの基本機能さえ使えれば、定期更新は別になくても大丈夫です。なので、excel 2019とexcel365、どっちを選ぶには、ご自身の実際状況及び値段を考えながら決める方がいいと思います。なにせ、両者の機能はほぼ同じで、違う部分は自分にとって本当に必要なのかを考えるほうがいいです。

Excel 2019 VS office 2019 VS office 365 価格対比

Excel 2019 小売商 Office 2019 マイクロソフト公式サイトOffice 2019 マイクロソフト公式サイトoffice 365
価格 ¥16,284 (税込) ¥13,800 (税込) ¥38,284 (税込) ¥12,984/年 (税込)
OS Windows/Mac Windows/Mac Windows/Mac Windows/Mac
搭載アプリケーション Excel Word Word Word
Excel Excel Excel
PowerPoint PowerPoint PowerPoint
OneNote OneNote OneNote
Outlook
Publisher
Access
使用年限 永続版 永続版 永続版 一年

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です