一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。

マイクロソフトはWindowsとMacOSの次のOfficeの最新独立版が2021年下半期に登場することを確認しました。このバージョンのOfficeは購読モードに基づいているのではなく、Office 2019の後続製品です。一生無料の製品を一度に買うことができます。

一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-1

3年ごとに恒久版が発行されます。このバージョンのOfficeは継続的に発行されるOffice 2016に似ているはずです。しかし、Microsoftはこれらの製品の正式名称のみを確認し、価格と利用可能性についての詳細は後ほど発表されます。 それにもかかわらず、これはOffice 2019がOfficeの最後の永久版になる可能性があると考えている人たちに希望を与えている。

でも、これはどういう意味ですか?永久リリースとして、このバージョンのOfficeは一括購入で、Word、Excel、PowerPointを含むバージョン2021のOfficeアプリケーションへのアクセスが保証される。。つまり、次のOfficeの新バージョンをリリースする際には、再度料金を払ってアップグレードする必要があります。

これはMicrosoft 365の購読モードとは違って、Microsoft 365の購読モードは年単位で料金を徴収する最新バージョンのOffice(Word,Excelなど)とOneDriveで文書、写真などに使用する追加の1 TBの記憶空間を含んでいる。Microsoft 365の家庭計画は毎年100ドルを費やしています。Microsoft 365の個人計画は毎年70ドルを費やして、複数のPCやMacにインストールすることができます。対照的に、Office 2019の価格は150ドルですが、持っている商品を購入して、1台のPCやMacにインストールするだけで、購読の心配がありません。

一部の学校と一部のMicrosoft 365商業購読では、Microsoft Officeアプリケーションへのアクセスも無料で提供されます。しかし、一部の学生や企業はOfficeの物理バージョンを持っているのが好きで、購読を心配する必要はありません。

Office 2019の現在の価格は150ドルですので、次の消費者バージョンのOfficeは同じ価格範囲で現れるかもしれません。また、Office 2019と同じアプリケーションへのアクセスも含まれているかもしれません。Office 2019は現在Word、Excel、PowerPointを含んでいます。

SkypeとOutlookはOffice 2019の消費者バージョンに含まれていませんが、Office Home and Business 2019に確実に縛られています。家庭版と学生版以外に、次のOffice版の家庭版と企業版も見られます。

マイクロソフトは本日、office 2021を今年中にwindowsとmacosで発売すると発表した。販売価格は据え置きだ。また、マイクロソフトはビジネス顧客向けのOffice LTC、消費者向けの長期サポート版も発売する。

Office 2021ではナイトモードなどの新たな機能が加わり、異なるプログラムに対する対応性の改善が加えられます。まだ詳細には説明されていません。消費者や中小企業向けのOffice 2021の価格は変わらない。

マイクロソフトは、2021年後半にWindowsとmacOS向けに一括購入されたMicrosoft Officeの一度に購入したバージョンを公開すると発表した。

同社によると、Microsoft Officeの長期サービスチャネル版と,消費者や小規模企業向けのバージョンをリリースする予定だという。以前のバージョンのOffice 2019と同様に、どちらのバージョンもクラウドベースのMicrosoft 365サービスに月額課金したくないユーザー向けに設計されています。

一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-2

マイクロソフトによると、LTC版は、暗いモードやアクセス性の改善などの新しい更新や、Excel内の動的配列やXLOOKPなどの機能が含まれている。消費者Office 2021にもこれらの機能が含まれているかもしれませんが、Microsoftは公開日に近づくまで、詳細を追加することを延期します。同社は確かに、一括購入のコストを変更するつもりはないと述べた。

Office 2021 LSTCのサポートウィンドウが新しく変更されました。窓口は通常提供された7年間ではなく、5年間を提供します。コストも10%増加しています。

Office 2021 LTCは4月にプレビューバージョンとして提供されますが、一般ユーザーバージョンは提供されません。マイクロソフトは下半期にLTSCを発表する予定ですが、Office 2021で発表する予定かどうかはまだ分かりません。

office製品を探している人が多いです。下の製品を購入するをクリックしてください。正規版の低価格のMicrosoft Office製品を専門に販売しています。

Microsoft office home and business 2019 for win Microsoft office home and business 2019 for mac Microsoft office home and business 2019 Microsoft Office 2019 Professional Plus 
搭載アプリケーション 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-1Word 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-2Word 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-3Word 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-3Word
一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-4Excel 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-5Excel 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-6Excel 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-6Excel
一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-7PowerPoint 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-8PowerPoint 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-9PowerPoint 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-9PowerPoint
一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-10OneNote 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-11OneNote 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-12OneNote 一回の購入は一生無料です!2021年にOfficeの新独立バージョンが発売されます。-12OneNote
Outlook
Publisher
Access
価格 ¥11,800(税込) ¥11,800(税込) ¥13,800(税込) ¥11,800(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です