マイクロソフトは、Office 2021が今年中にWindowsとmacOSで利用可能になると発表した。

マイクロソフトは今日、消費者向けのOffice 2021バージョンとサービスビジネス顧客向けのOffice LTCsの2つの新しいバージョンを発表しました。Office 2021はWindowsやmacOSで今年後半に発売されます。これまでのOffice 2019版と同様に、クラウドサービスに基づくマイクロソフト365オフィスセットを購読したくないユーザーのために設計されました。

マイクロソフトは、Office 2021が今年中にWindowsとmacOSで利用可能になると発表した。 -1

Office 2021のすべての機能と変更点については、Microsoftはまだ詳細に説明していないが、Office LTSC(長期サービスチャネル)モデルにはダークモードのサポート、アクセシビリティの改善、Excelの動的配列、XLOOKUPなどの機能が含まれる。消費者向けのOffice 2021にも同様の機能が含まれる可能性が高い。 大きなui変更は期待しないでください。 スタンドアロン版のアップグレードに先立って、Microsoftはほとんどのインターフェースとクラウド機能をOffice 365版に集中させています。

Office LTCはマイクロソフトの折衷案です。すべての企業のお客さんがクラウドに移動する準備をしたわけではないからです。 Microsoft社によると、過去10カ月でクラウドに移行したお客様も多いとのことですが、自社のオフィス業務をクラウドに移行できないと感じているお客様もいるはずです。 例えば、プロセスやアプリケーションが月単位で変更できない規制された業界や、あるいはOfficeに依存し、時間を決めて発表する製造工場が欲しいです。 Microsoftは今後、Officeの永久バージョンを発表すると約束しているが、価格やサポート方法を変更している。

Office LTCは現在5年間しかサポートされておらず、マイクロソフトが通常Officeに提供する7年間ではありません。ビジネスのお客様にとっては、Office Professional Plus、Office Standardと個別アプリケーションの定価も10%増加します。Office Personal 2021とOffice Home&Business 2021の定価はそのままです。

Office LTCのサポート時間はWindowsのサポート方式と一致しており、マイクロソフトもOfficeとWindowsのリリーススケジュールをより密接に調整している。次のバージョンのOffice LTCとWindows 10 LTCは2021年下半期にリリースされます。Spataroによると、Windowsのバージョンについてはまだ詳細は明らかにされていないが、それらのスケジュールは非常に緊密になります。我々の考えは、企業が同じような種類のリズムでそれらを配置し管理することができるように、それらを緊密に結合することです。

マイクロソフトは4月にOffice LTCのプレビュー版を発表する予定で、今年の後半にOffice 2021を全面的に発表します。しかし、消費者版Office 2021はプレビュー版として登場しません。この2つの新しいOfficeバージョンもOneNoteと一緒にリリースされ、32ビットと64ビットのバージョンが含まれます。

Office 2013 Professional Plus Office 2016

Professional Plus

Office 2016 Home and Business for Mac Office 2019

Professional Plus

Office 2019 Home and Business
3,180円 6,800円 10,800円 11,800円 13,800円
もっと見る もっと見る もっと見る もっと見る もっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です