あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか

あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか-1

数十年来、家の中であろうと、オフィスであろうと、Microsoft Officeはコンピュータの重要な構成部分です。私たちはほとんどの人がいつかWord文書を作成するためにそれを使って、PowerpointプレゼンテーションやExcel表計算書を作成します。2020年までにMicrosoft Office 365の有料ユーザーは驚異的な2.58億人に達した人気があります。しかし、コースは年に一万円ぐらいで、安くないようです。

もしあなたがOfficeのユーザーなら、これから継続する前に、Officeが本当に必要かどうかを考慮する価値があります。マイクロソフトOfficeが発売されてから30年近く経って、やっと考えられる無料代替案ができました。Googleは類似のアプリケーションを独自に開発しており、それらはすべてオンラインで完全無料で入手できるようになっています。

以下の説明で、本当にMicrosoft Officeを使う必要があるかどうかを確認します。

Microsoft Officeの使い方

Microsoft Officeを使用する方法はいくつかあります。 まずMicrosoft 365の購読版を買って、この購読はPCと所有するタブレットパソコンまたはスマートフォンの中でWord,Excel,PowerpointとOutlookの最新の完全版を使うことができます。PublisherとAccessはまだ入手できますが、PCでしか使えません。また、MicrosoftのクラウドサービスOneDriveで1 TBのストレージスペース(一人当たり5 GB無料)を得ることができます。シングルユーザーの個人利用料金は¥12,984/年です。 Microsoft 365のサブスクリプションを利用すれば、すぐにアップデートが受けられます。例えば,新しいツールや機能,セキュリティアップデートやバグ修正などである。

二つ目の選択肢はOffice Home&Business 2019を一度に買うことです。価格は¥13,800円です。Word,Powerpoint,Excel,OutlookはPCやMacで使用できますが、タブレットやスマートフォンでは使用できません。また、追加のオンラインストレージや更新は得られません。

あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか-2

Microsoft Officeは無料で使います

任意のネットワークブラウザを通じてアクセスするoffice.com、Word,Excel,Powerpointは無料で使えます。ただし、これらのプログラムの制限されたバージョンにのみアクセスできます。(スマートフォンやタブレットのために無料のアプリケーションをダウンロードすることもできます。)無料のOutlookアカウントを登録する必要がありますが、多くの機能が不足し、ファイルをコンピュータのハードディスクドライブに保存できなくなります。これらはOneDrive空間に保存されます。

Google Docs

Microsoftと同様に、GoogleはOfficeと似たようなサービスを提供しています。PC、タブレットまたはスマートフォンからドキュメント、表計算書、プレゼンテーションを作成して編集することができます。それは無料です。同様に、あなたのファイルはオンラインセキュリティエリアに保存されます。Googleクラウドハードディスクといいます。Googleのログイン名が必要なだけで使えます。

コスト以外に、Google Docsにはどのようなメリットがありますか。

使うのは簡単です。Microsoft Officeは多くの機能を持っています。例えばWordの「参考」メニューは学術形式で書いてくれます。これはOfficeを混乱させます。Googleは最も必要な機能だけを持っています。これにより、プログラムがより使いやすくなります。不要な機能を削除することもできます。メニューをスクロールしないでスペルチェックを探してください。

追加の無料オンラインストレージを取得します。Googleクラウドハードディスクは15 GBの無料ストレージスペースを提供できます。Microsoftが無料で提供するストレージ空間の3倍です。

Googleはデフォルトであなたが作ったすべてを自動的にGoogleクラウドハードディスクに保存します。これはあなたがいつまでも資料を失わないことを意味します。クリックとボタンを押すたびに保存されます。Microsoft Officeのネットワークバージョンはこの操作を実行しますが、PCバージョンを使用すると、指定された時間後に自動的にローカルハードディスクドライブに保存されます。より頻繁(または自動)にOneDriveに保存するには、設定を調整する必要があります。

Microsoft OfficeはGoogle Docsと比べて、どのような長所がありますか。

多くのテンプレートが選択できます。どの文書を作成するにしても、Microsoft Officeにはテンプレートがあります。CSV、チラシ、手紙などの書類を作成すると、とても役に立ちます。対照的に、Googleでこのような文書を作成するのは面倒くさいかもしれません。また、あなたが持っているコントロールはMicrosoftのように多くないです。

インターネットで接続する必要はありません。あなたのウェブブラウザでGoogleの無料サービスを使う大きな問題は、インターネット接続に大きく依存していることです。Webアクセス権限が突然失われた場合、ファイルにアクセスできなくなります、またはブラウザにサービスをロードすることができません。Googleドキュメントは「オフライン」で使用できます。これは設定しやすいですが、必ず事前に完了してください。Microsoft Officeにとって、これは問題ではなく、すべての機能がオンラインとオフラインで使用できるからです。

Microsoft Officeのアプリケーションの範囲が広いです。有料で購読することで、Microsoft Word,Excel,Powerpointを得ることができます。Outlookの電子メールにもアクセスできます。Publisherを使って、より専門的な文書とファイル、およびAccessデータベースソフトウェアを構築します。

Microsoft Officeは、より多くのファイルタイプを編集することができます。Google文書の主な欠点はPDFの編集を許可しないことです。Microsoft Wordはできます。より広範な文書タイプを完全にコントロールする必要がある学生や専門家にとっては、特に重要です。

まとめ

作成と編集のためのより複雑な文書を大量に持っている人(例えば学生や専門家)には、Microsoft Officeの購読またはoffice 2019を不可避的に買うことになります。しかし、軽度の単語処理やデータ入力に使うソフトウェアが必要であれば、Google Docs Suiteに切り替えることをお勧めします。

Microsoft Officeがあなたに似合うと聞いたら、ここでオンラインで買ってください。

あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか-3 あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか-3 あなたは本当にMicrosoft Officeを使う必要がありますか-4
Office Professional Plus 2016 1pc Office Professional Plus 2016 2pc Office Professional Plus 2019 1pc Office Professional Plus 2019 2pc Office Home and Business 2016 Office Home and Business 2019
¥6,800 ¥11,800 ¥11,800 ¥21,800 ¥10,800 ¥13,800

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です